思い出と見えない毒

昨日たまたま立ち寄った日系スーパーの端に申し訳程度に存在した書籍セクションで、宮部みゆきの新刊が日本価格1900円のところ29ドルで売られていたのを思い切って買ってしまった。お陰で今日は何もせずに読書三昧でした。いけませんね。いけません。だが、しかし本は大変に良ろしゅうございました。名もなき毒。お時間があれば、是非お読みください。幻冬舎からです。

アメリカではちょっとお高めなのに著作を見つけては買ってしまう私ですが、昔は読みもせずに彼女を毛嫌いしておりました。昔働いていた会社が映画「模倣犯」の仕事にちょっと関わっていて、そこで目にした一部の映像が凄く詰まらなそうだったため、宮部ちゅうのは詰まらん物を書く駄目作家と決めつけていたのであります。丁度その頃、久しぶりに国内の女性作家の作品に手を出して、とても気が滅入っていたというのもあるんですが(江國香織は気色悪く、小林真理子はスノッビーなだけだ)。彼女の作品を読んだのは今年になってからでした。

それもまずは、松本清張から入って、彼女が編纂したベスト集に手を付けたのでした。

しかし、この松本清張も一昨年ようやっと読んで凄い人だと知ったのであり、とても遅いデビューの私です。そんな私ですが、実は彼のサイン本を持っておりました。そして、大昔、それを1円で売り飛ばそうとしたことがあるのです。結局、私の名前が入っているとのことで売れず(ご存命だったということもあり)、ちぇ、と思ったのは、確か中学の頃でしょうか。当時、私は苛めにあっていて、身体的特徴は全て笑いの種になったわけでございまして、特に今となればセクシーともてはやされる肉厚の唇も、当時は「たらこ唇」と蔑まれ、私はとても嫌いでございました。それこそ整形手術も考えたのですが、庶民ゆえ実行には移せませなんだ。ま、とにかくそういうわけで、たらこ唇の総本山、松本清張なんて読みたくもないと、ありがたいサイン本をまるでジュパクのかかった「たらこ唇」教教本のように扱い、1円で売ろうとしたのであります。酷い行いです。

世の中、何が起こるか分かりませんね、偉大なる2人の推理小説作家様。
[PR]
by epha | 2006-10-07 02:18


めりけん粉はめりけん産なのか?無断で写真とか使わないでね。でもたまに無断で使ってるけど。


by epha

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
Movies
Blah Blah 無駄話
映画学校
Gay Boyfriend
Funny Stuff
About Me
South Africa
夢の話
転職
What I Like

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 09月
2009年 08月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

最新のトラックバック

イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
ところで、ブレグロが日本..
from ひなたぼっこ の ぼっこ っ..

Memo

寂しがりやなのでたまにはCommentでも残していって下さい

ライフログ






その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

30代
就職・転職

画像一覧